学校法人福島聖心学園

Fukushima seishin gakuen

私たちは、福島県内で幼稚園を運営する学校法人です。

学園教育理念

本学園はカトリック教会に属する聖ドミニコ修道会を設立母体として2018年に発足いたしました。聖ドミニコ修道会が大切にしてきた精神は、すべての人が神の教えによる真理(ヴェリタス)に生きることです。
学園の教育は、聖書が教えるキリスト教の世界観、人生観に基づき、さらには聖ドミニコ修道会が大切にしてきた精神を受け継いだ人間教育です。私たちは創造主である神から命を与えられた者として互いの命を尊重し、互いに愛し合ってより良い社会の建設、完成のために生きる人間を育てることを目指しています。そのために、日々、神と人間、そして世界について学び、神の望みに応えられる人間を育てる心の教育を行います。
宗教法人の時代(1952年~2017年)から数えると長い歴史を持つ学園は、個々の幼稚園が活動している地域の方々に支えられ、その期待に応えようと教職員が一体になって教育に励んでいます。私たちはめまぐるしく変化する世界の動きに惑わされないで、神の教えと神の助けを受けて豊かな人間を育てるために、研鑽、努力を積み、社会に開かれた学園としてあり続けることを願っています。
学園で育つ子供たちは、神に愛され、保護者と地域の皆様に愛され、学園が受け継いでいる良き伝統のもとで、新しいことに積極的に関わっていく子供、何よりも人の命を尊び大切にする子供、人の心を思いやり心優しい子供になっていくことを期待しています。
私たちは神の前にへりくだり、聖母マリア・聖ドミニコを保護者として真の人間教育に励みます。

教育目標方針

感動する心

感謝する心

祈る心

共に生きる心(いたわりの心、思いやりの心、我慢する心)

学章の由来

マーク

学園章は13世紀初めにスペインで生まれた聖ドミニコによって設立された聖ドミニコ修道会の盾をもとに作られました。
この盾は修道会の精神である「真理(ヴェリタス)」を表しています。十字架はキリスト教の中心的なシンボルであり、盾全体は心身の潔白を象徴する百合の花を表し、白色は純潔、神を信じて生きるものの歓喜を、黒色は他人の幸せのために奉仕する滅私の精神を表しています。

自己点検・評価等

自己点検・評価は、各学校が教育活動などの学校運営の状況並びに学園の財務状況についても自ら評価し、その結果に基づいて改善を図る取り組みです。
本園の教育目的・現状・今後の取り組みについて学校評価を実施し、下記のとおりまとめていますので公表いたします。

令和3年度 事業報告書(小名浜白百合幼稚園)[PDF] 令和3年度 事業報告書(二本松カトリック幼稚園)[PDF] 令和3年度 事業報告書(勿来カトリック幼稚園)[PDF] 令和3年度 事業報告書(法人事務所)[PDF]
財務情報について
令和3年度 資金収支内訳表 [PDF] 令和3年度 事業活動収支内訳表 [PDF] 令和3年度 貸借体表表 [PDF]

運営施設

マーク
■名称
学校法人福島聖心学園
■理事長
今野 トミ
■所在地
〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町13番25
■電話
0246-85-0063
■FAX
0246-85-0064